求人情報

求人情報

南部電機(株)について

昭和58年に創業者である父が他界し、会社の後継者として社長を引継ぐことになりました。
会社を引き継いで気付いたことは、両親が私に残してくれたものが「八戸を愛する心」であること。

両親が残してくれた社員の多くは、若い人もベテランも仕事に対す使命感が強く、地元に対する愛着が強かったのです。
仕事も好きだし、一緒に働く社員も好き。だから住んでいる八戸も好きになれる。

このような社員のおかげで、当社はここまで順調に推移することができました。
企業が元気になれば街も元気になる。街が元気になれば、八戸に住みたい、戻ってきたいという人が増えてくる。
だからこそ、今後も「変化こそ常道」という言葉通りに、当社は時代やニーズに合わせて自ら変化して進歩していきます。

recruit_img_01

事業内容

時代とともに変化するお客様のニーズと真摯に向き合いながら仕事をする。

「お客様の欲求を満たすことなのか?」「お客さんの悩みは、それで解決するのか?」という視点を持ちながら仕事する。
日進月歩のカーエレクトロニクスの世界で、困難に直面しても変化を恐れずに挑戦していくには、
自分の強みや得意分野で、いかにお客様のニーズを満たせるかを考えること。
「何のために」「誰のために」「なぜ」が明確になると、どんな仕事も役割も楽しくなってきます。

本社営業部

「カーエレクトロニクスのコンサルタント」を掲げ、「お客様が望んでいる」「お客様の悩みを解決する」商品を紹介しながら、フェイス・トゥ・フェイスで最新かつ最適な情報提供を心がけています。そのため、最新の情報をお客様に提供できるよう、勉強会等で新商品・サービスについてスタッフ間で情報共有するようにしています。また、スピーディな対応を実現するため、営業部・サービス部・オートパーツセンターを本社に構えています。
営業フロアのすぐそばに作業現場があるため、迅速かつ密な情報交換が可能です。主な訪問先となる中古車販売会社、整備工場、運送会社、旅客運送事業者だけではなく、クルマとともに生きる、すべての「人と企業」が当社のお客様です。

総務経理部

私たちの部門は経営陣も含めた社内のすべての部署と関係を持つポジションです。
社内全体を見渡し、経営陣と現場・部署と部署をつなぐ全社コミュニケーションのパイプ役でとなって社内全体のしごとが円滑に回るようにサポートしていくことが私たちの使命です。

サービス部

自動車の電子制御化など、時代の変化とともにカーライフが多様化する中、私達サービスマンも歩みを続けてきました。カーエレクトロニクスに携わり、取付・修理・メンテナンスを中心に、一般車両から建設機械・農業用機械まで幅広く対応しています。
お客様のニーズに幅広く対応するため、メーカー研修で常に最先端の技術を習得したり、スタッフ間で情報を共有するなど、エンジニアの育成にも力を入れています。最新の情報を常に入手しながら、各々がスキルアップを図る。
そして得た知見や技術をもとに丁寧に仕事をすることで、次に繋がります。また、営業部と同じフロアで仕事をするため、チームで問題を解決する体制が整っています

STTセンター

トラック、タクシー、観光バスなどの貨物・旅客運送事業者様に向け、運行管理機器取付からシステム構築、運用まで一貫してサポート。また、官公庁・医療機関の他、工場や商業ビルなどへ非常用蓄電池の販売・メンテナンスも行い、車だけではなく、街の安全を守る仕事もしています。

STTとは、Sは「Special」「Speed」「Safety」、TTは「Technical Team」の略。この名こそが、私達の誇り。正確に、スピーディに、お客様の要望に応えます。プロドライバーのお客様に心置きなくお仕事に取り組んで頂くため、また地域の皆様に、もしもの時の安心をお届けできるよう、日々技術を磨き続けていきます。

recruit_img_02

桔梗野サービスセンター

八戸市の物流拠点や大型車ディーラーが近い桔梗野にサービスセンターを置き、日本の物流の主役ともいえる大型トラックに必要な設備の販売からメンテナンスまでを担います。

物流を止めないためにも、修理はスピードが命。突発的なトラブルにも、二級自動車整備士・自動車電装整備士等の有資格者が、確かな技術と的確な判断で迅速に対応します。出張修理も行います。東北自動車道やフェリー埠頭、三沢空港など陸・海・空の交通網を備えた県南八戸に根を下ろし、北東北から日本の物流を支える仕事です。

recruit_img_03

メンバー紹介

人にはそれぞれ自分の中で考えている長所と短所があります。

でも、自分で短所やコンプレックスと思っていることは、実は解釈次第で長所にならないでしょうか?
例えば「飽きっぽい」という短所は、実は「好奇心旺盛」という長所かもしれません。
「マイペース」という短所は「軸を持って周りに流されない」という長所かもしれません。
要するに、考え方次第でプラスにもマイナスにもなるのです。
いろんな個性のある人が集まるから、仕事は楽しいし、面白い。
仕事を通じて自分の強みや長所に気付き、笑いながら成長してほしいと思います。

recruit_img_staff_01

高橋 直樹

➖ 本社営業部

もともと子供の頃から機械いじりが好きで、車自体に興味があったので、入社当時は本社サービス部で働いていました。
数年後、キャリアを積んだのち営業部に異動しました。

当社は飛び込み営業ではなくルートセールスでプレッシャーが少なく、結果が数字で出てくるので、サービス部とはまた違う面白さを感じ、気付いたら入社24年が経っていました。
車が好きだから、新しい知識の習得も苦になりませんし、むしろもっと知りたいことがたくさんあります。
これからの電気自動車などは特に夢があって楽しみですね。

お客様のニーズに合ったカーライフを提案することが楽しいですし、自分の知識や経験がお客様の問題解決に繋がった時は本当にやりがいを感じます。
車好きのみなさん、ぜひお待ちしています。

recruit_img_staff_03

種市 良

➖ 本社営業部

入社4年目になります。
前職は異業種だったため、入社後はカー用品のことを一から勉強しながら仕事をしていました。お客様と接していて、内心は「興味ないかもなあ」と思いつつ、話を進めていたら「良いですね」と興味を持ってくれて購入して頂けることが結構あります。

このようにお客様のニーズを引き出し、必要としている製品を届けられることに仕事の面白さを見いだせています。お客様とは仕事以外の興味のある話をするように心がけています。そうすることで共通の趣味が見つかることがあり、信頼関係の構築にも繋がるし、お客様と接するのが楽しみになってきます。

私が一緒に仕事していてすごいと思う人は、自分が失敗した時に誠実な態度で謝れる人、人の働きに素直に感謝できる人。簡単なようで、なかなかできることではないので、自分も上司や部下関係なく、この姿勢を見習い、これからも「この人と働きたい」と思われるような人財に成長していきたいと思います。

recruit_img_staff_04

山本 雅人

➖ 本社サービス部

職もカー用品を扱う会社で働いていたのがきっかけで入社して6年目になります。もともと車が好きなところがあり、サービス部はカー用品の取付、メンテナンスを通じて車の構造がわかってきますので、車に興味のある自分にとっては、とても面白い仕事です。

配線の組み合わせ等、毎日が小さな発見の積み重ね。時間短縮して効率よくできる方法を考えるなど、自分なりの工法を見出すのは、パズルを解くような楽しさと達成感があります。

仕事時間外で、道路でたまたま自分が手がけた車を見つけると嬉しくなりますね。南部電機は「この人面白いな」と思える人が多いと思います。仕事中は真剣に仕事に向き合いますが、休憩時間中や飲み会等では楽しく会話しています。車に興味があれば楽しく仕事できるのは自分自身実感していますし、そうでなくても他のスタッフと一緒に自分の強みや好きなこと、やりたいことを見出だせる職場だと思っています。

recruit_img_staff_02

佐藤 尊亮

➖ 桔梗野サービスセンター

もともと地元で働きたいという気持ちがありましたが、その前に経験を重ねようと思い、最初は東京の同業の会社に勤めた後、転職して八戸に戻ってきました。桔梗野サービスセンターで、主に大型トラックの修理・機器の取付をさせていただいております。

トラックが走れないようでは運送会社が困るので、トラブル時は早い対応が求められることが多いです。日頃から新しい車種の特性等の情報はつかむように心がけています。迅速かつ無事に修理を終えてトラックを送り出せた時は、運送会社の物流に貢献できた気持ちになってやりがいを感じます。

今後もスピーディにお客様の要望に応じた対応ができるようにスキルを磨いていきたいと思います。
当社は良い人が多くて、飲み会や行事、日常会話を通して社員と仲良くできる楽しい職場です。車好きの人はもちろん、そうでなくとも、向上心のある人であれば一緒に楽しく仕事できる会社だと思います。

recruit_img_staff_06

本木 夏生

➖ 総務経理部

入社24年目で現在は経理課長という役割をいただいております。

内容としては全社の経理の管理、全社的に業務が円滑に運営できるよう各拠点との連絡調整をすることも多いです。総務も兼ねているので仕事の幅はとても広いですね。経理だけやっていたときはわかりませんでしたが、総務にも携わるようになってから労務、人事の重要性も理解できるようになり、今は私たちの仕事がどうしたら会社の生産性を向上に貢献できるかと日々業務改善について考えています。

お客様と直接お会いする部署ではありませんが、総務経理部は会社のすべての部署とつながっているので情報が全部集まってきます。集まった情報を分析して社長や上司が判断しやすくなるように情報を整理したり、見える化、することも重要です。

また決定したことを全社で共有し実行できるよう細かい配慮をしたりと、例をあげるときりがありませんね。でもそんな苦労もみんなに喜んでもらえたときはとてもやりがいを感じます。社内でまだ誰もやっていないことにも色々とチャレンジしていきたいです。

中村 絵美

➖ 総務経理部

入社して20年になります。現在は本社総務経理部にて全拠点の経理全般を担当しています。入社当初は営業所の一般事務のお仕事から始まりました。

新人時代は与えられた仕事をこなすことに精一杯でしたが、経験を積む中でだんだんと全体像を把握できるようになってくることで、今自分が行っていることの意味が理解できるようになり、仕事へのやりがいを持てるようになりました。1円のズレもなく計算ができたときはとても気持ちがいいですね。

結婚して二人子供を授かりましたが産休をいただいたり、行事の参加などで有給を使わせていただいたり、当たり前かもしれませんが社員の生活に理解がある会社なので、とても働きやすい環境だと思います。ここまで長く勤められているのは社長をはじめ上司や同僚の皆さんに支えてきてもらえたからです。

これからは私が支えていただいた分、周りのみなさんの支えになれるようスキルアップしていきたいと思います。


PAGE TOP